故人が天国で喜ぶ葬儀にしよう│メモリアル儀式相談所

男女

悲しみの時

お葬式

人はいつか死ぬ。それは言われなくたってわかってることです。人間それなりに歳を重ねれば、物心つかなかった頃理解できなかったことがどんどん理解できるようになってきて、四半世紀も生きればそれなりに物事の分別がつくようになります。そして、人間も生き物なんだから絶対にいつか死ぬ。機械の体も、不老不死の薬も、よみがえる魔法も、そんなもの一切存在しない。人が死んだら何が残るのか?肉体は灰になり、遺灰として納骨されることでしょう。物理的には、遺灰として残ることができます。しかしながら、精神はその次のステージへ進み後は遺族の伝承と口伝に委ねるしかありません。おじいちゃんは昔ね、そんな話に委ねるしかないのです。ならば、自分が生きた証。それを残したいと思うのはおかしなことではないのです。遺品整理をした時に後世に残してやれるものがあればいいけれど、そうとは限りません。また、残された側も遺品整理を行うのはなかなかに大変であり、また遺品整理には勝手に判断できるもの出来ないものもあったりとなかなか難航することが多く、すごく大変です。遺品整理に苦労する家庭は少なくありません。残す意味では遺影も大切だったりします。遺影の印象一つで印象も違います。遺影を美しく、仕上げることは後世に自らの存在を伝える手段として、確実かつ唯一の手段であるとも言えるのです。遺影はなおざりに出来ません。現代の人間関係からして、葬儀には費用もかかる。人も動く。それならば簡素な最低限の葬儀で良いと思うかもしれません。

死後の段取り

お墓

自分が亡くなってしまった後、遺族はひたすらにてんてこ舞いとなります。遺族のことを考えるのであれば、死期に備えてあらかじめ葬儀についてしっかり理解し、準備を整えておくことも大切です。

View Detail

絶対に見逃せないもの

遺影

自分が死んだ後のことを、考えたことがありますか。と質問されればおそらく大多数の人が考えたことがある、想像したことがある、と答えるのではないでしょうか。死期が近づいたのであれば遺影を用意しておくのが良いでしょう。

View Detail

良い写真を撮る

お花

大切な別れの場が葬儀であるからこそ、葬儀について話し合って、方向性を決めておく。元気があるうちに、良い遺影を撮影しておく。それだけで、まったくもって葬儀における印象も何もかも変わってくるものなのです。

View Detail