故人が天国で喜ぶ葬儀にしよう│メモリアル儀式相談所

葬儀会場

死後の段取り

お墓

遺族のことを考えて、自分が残しておくものはシンプルであるに越したことはありません。しかしながらそうならない時だって往々にあります。突然の急死もありえますし、性分が散らかったままの部屋にさせることもあるでしょう。様々な理由で、簡単に遺品整理が出来ないことがあります。そんな時に、遺品整理に専門の業者を遺族が知っていると話が簡単になるでしょう。遺品整理業者は、遺族の心の痛みや苦しみを感じ取りつつも綺麗に不用品と、残しておくものとを分けて行ってくれます。不要品整理を出来る業者には、遺品整理が出来る業者がありますから余裕があればそういう話をしておくほうがいいのかもしれません。結局のところ、仮に死後自分の意識が遺族とともにあったとしても、ああすればいいのにこうすればいいのに、という気持ちを遺族に伝えることは不可能です。それならば、絶対に伝え忘れのないように、生きているうちからその先の話をしておくことは決して間違いではないのです。葬儀のことも、遺影のことも、遺品整理のことも、絶対に話をしておけば混乱もしないですし、滞り無く苦しませることなく進んでいくものです。事前相談は、自分が思っている以上の効果を持ちます。

人はいつか死ぬのですから、絶対に来るその時のために葬儀について考えておくのも大切です。そして、同時に遺影も必要になりますからそのことも考えることが必要です。それこそ、事故などの休止でもない限りそれなりに存命の間から意識することが可能なものです。