故人が天国で喜ぶ葬儀にしよう│メモリアル儀式相談所

葬儀会場

良い写真を撮る

お花

遺影を見た時に、結局のところそれは写真なのですからそれを良い物にすることはすごく大切です。ですから、写真を撮るという観点から考えてもこだわることが重要です。となれば、同じ1枚の写真でも上手な人、プロのクオリティで撮影してもらうのが良いでしょう。同じカメラでとっても、取る人が変われば切り取られる表情も、仕上がりも変わってきます。プロの仕事で、本当に心の底から引き出された笑顔を残していく。それはこれまで共に過ごしてきた家族に対する大きな財産であると言えます。後々に遺品整理などを行った時に財産が残しておいてあげられるという事も大切かもしれません。しかしながら、最終的にはものより思い出とはよく言ったものです。よい遺影を残すことは、先の世代が一生をかけてずっと思い続けてあなたを心のなかで生かし続けてくれることにつながるのです。それにともなって、良い遺産を残してあげて遺品整理を行いやすいようにしておいてあげられたら最高ではないでしょうか。美しい遺影は、葬儀のタイミングでも活用されることが間違いないでしょう。安らかな笑顔は確実に参列者の気持ちをほぐしてくれます。悲しいだけの日ではなく、楽しく送り出すことができるようにするためにも美しい遺影が一役買ってくれることは間違いありません。

何も葬儀の打ち合わせをしていなくて周りが困惑してしまうよりも、円滑に方向性と着地点が決まっている方がみんな良き一日を過ごすことができるようになるのです。死というものは恐ろしいし、悲しいし、辛い。ですが、それに目を背け続けることは決して得をしないのです。